賃貸物件での敷金と礼金の意味について

賃貸物件に入居する時は、契約金として前家賃の他に、敷金と礼金を事前に払うことが多いものです。
いずれも家賃の2か月程度が相場になっていて、前者は退去時などで部屋を入居前の状態に戻す、いわゆる原状回復をする場合に使用されることが多いです。
この場合全額が使われるということはあまりなく、残った分は手元に戻って来ます。
一方礼金は、大家さんに対して納める謝礼のようなもので、これは戻って来ませんので、それぞれの違いに気をつけましょう。
もっとも最近は賃貸物件であっても、敷金や礼金を取らない所もあります。
その分初期費用がかからないのは大きなメリットですが、逆に退去時にクリーニング料として、別途お金を支払わなければならなくなります。
またその分家賃が高めに設定されていることもあります。
ですから入居時には、敷金を払う物件にするか、あるいは、クリーニング代を退去時に払う物件にするかをよく見極めたうえで、選ぶようにするのがいいでしょう。